MANU

 HOME
      
 ●学生ローンの評価
  |-学生ローンの総評

 ●高田馬場の学生ローン
  |-アミーゴ
  |-キャンパス
  |-イーキャンパス
  |-カレッヂ
  |-フレンド田
  |-トーエイ
  |-マルイ
  |-ベル
  |-学灯社

 ●高田馬場以外の学生ローン
  |-友林堂
  |-ガクユー
  |-本田チヨ
  |-オシャレ
  |-学協

 ●情報系
  |-学生ローン
  |-学生ローンA
  |-消費者金融・キャッシング系
  |-サーチ

 ●モバイル
  |-学生ローン・キャッシング比較EX 
 

情報系学生ローン
No1
当サイトでも紹介した一部の学生ローンでは、他の学生ローン会社と差別化を図ること、利用者への利便性向上のサービスの一環として、「目的ローン」を扱った金融商品を提供する学生ローン会社があります。
目的ローンとは資金需要者がその使途をはっきりとしたものに使用するに限り、限度枠や貸付金利を特別扱いで借り入れることができるサービスです。
目的ローンは大変便利な金融商品ですが、適用が認められるには一定の基準を満たさなければなりません。学生ローンNETでは学生ローンが提供する目的ローンの詳細情報の他、以下の点についても解説しています。
@指定信用情報機関
指定信用情報機関とは、内閣総理大臣の指定を受けた信用情報機関です。
現在の法律では信用情報機関の明確な位置づけはありませんが、改正貸金業法第3段階施行後はその位置づけが明確なものとなります。
A学生ローンの金利と過払い金返還請求
学生ローンや消費者金融会社ではつい最近までは実質年率25%ほどでの貸付が一般的であり、その後の最高裁の一連の判決により過払い金返還請求が相次ぐようになりました。
B連鎖ビジネス商法との関連
学生の間で時折流行るネットワークビジネスに学生ローンがよく利用されることが社会問題となっています。
少しでもおかしいと思ったら手を出さないようにすることが大切です。

No2
学生ローンや消費者金融会社においては、各店舗ごとに貸金業務取り扱い主任者を置かなければならなくなります。
これまでの貸金業務取り扱い主任者資格は、貸金業協会等が主催する講習を受講し、最後に簡単なテストを受ければ誰でも受かるものでした。
しかし貸金業法改正により、同資格が国家資格となることが既に決定されており、今後は誰でも受かるというような甘いものではなくなることが必至とされています。
学生ローンの資格では、その資格試験の概要や手続き、試験問題の例題集等を掲載し、貸金業者に従事する人向けの情報提供を実施しています。
主に日本貸金業協会が提供する情報を基に構成されたものと思われますが、独自の解説も交えており、初心者にもわかりやすく構築されています。
これからいよいよ本格的にはじまる貸金業務取り扱い主任者資格、金融新聞等でもよく取り扱われていますが、今から準備を進めていく必要があるのではないでしょうか。

No3
このほど全国信用情報センター連合会(全情連)では金融庁の要請を受け、STRSの保有する信用データを統計的にまとめたものを提出しております。
この統計データは消費者金融市場の動向を反映させるには有効的な資料となりますが、一方では誤った解釈をしたり、データの見方がわからないままそのデータを使用すると、消費者金融市場の実態を見誤る要因となる恐れもあります。
学生ローンのデータベースでは、全情連が提出した資料を完全図解で解説し、金融市場の動向等の知識があまりない人でも理解しやすい構成となっています。
特筆すべきは、データ上では多重債務者の減少や無担保無保証の残高有り案件が減少している点について、全情連が検証するものとは違う見解を一部で示しており、頷ける部分も多分にあるという点です。
★★情報系の学生ローン★★役に立つ情報が満載です★★