学生ローン・キャッシング比較EX-学生ローン14社を完全掲載!!

情報系の学生ローン

No1
学生ローン・キャッシング比較EXでもご紹介した一部の学生ローン会社では「目的ローン」という金融商品を扱う会社があります。
目的ローンは適用が認められると安い金利で借り入れる事ができる上、借入の限度枠も通常より多めに借りられる便利な商品システムです。
学生ローンNETではそれらの金融商品の解説と、これからいよいよスタートする指定信用情報機関等についての詳しい解説もあります。
また、学生ローンと連鎖ビジネスとの関連につく問題点と金利と過払い問題についても言及しています。

No2
学生ローンや消費者金融等の貸金業者は、各店舗ごとに貸金業務取り扱い主任者を設置する必要がありますが、法改正に伴いこの資格が国家資格になることが既に決定されています。
学生ローンの資格では貸金業務取り扱い主任者資格試験の概要解説と、予想問題等を掲載しています。
いよいよ2009年からはじまる同資格ですが、今から準備をしなければ間に合いません。
教材の仕入れ・今後の学習方法等、今すぐ対策を講じましょう。

No3
ほとんどの貸金業者が利用する信用情報ですが、その情報を管理する全情連が金融庁の要請を受け、STARSの保有する信用情報を統計的にまとめたデータを提出しています。
学生ローンのデータベースでは、それら統計情報の読み方と独自の視点による解説を加えて紹介しています。
これらのデータは消費者金融市場の動向を反映させるには有効的なものですが、一つ間違った見方をすると誤った解釈がなされます。
特に最近報道で見られる「多重債務者が減った」という点について、学生ローンのデータベースでは疑問を投げかけています。
統計データから見る数字上の動きと、実際の消費者金融市場の動向を把握する為には、こちらのサイトはかなり参考になります。

学生ローン・キャッシング比較EX